通学免許の特徴

通学免許の特徴としては、文字通り通学して取得するというのが一般的となります。学生であれば学校の後、社会人であれば空いている日や仕事終わりに通学するということが多いです。ただ、通学の場合は時間がある時にだけ受講していく形となるので、当然ながら合宿免許に比べて期間が長くなります。もちろん、長期的な休みが取れないという方は、時間的な融通が利きやすい通学免許も選択肢としては良いです。どちらにするかは自由なので、自分のライフスタイルに合わせて選んでみると良いかもしれません。

ちなみに通学免許の場合は、期間も最低で1か月ほどかかることが多く、平均すると3か月程度で取得する方が多いです。中にはゆっくりと時間をかけて半年程度で取得するという方もいます。それぞれ通う時間を自分でコントロールできるというのは、魅力的だと言えるでしょう。ただ、合宿免許のように短期集中で取得することができないため、せっかく学科で頭に入れた知識が薄れることもあります。

テクニックも集中しておこなうものではないので、忘れてしまうこともあるでしょう。それでも通学は融通が利きやすいので、選択肢としては十分考えられます。好きな方を選んで、免許取得を目指しましょう。

合宿免許の特徴

合宿免許の特徴としては、安くて期間も次回という点があります。その代わり、1週間から2週間程度のまとまった合宿となるため、学生も社会人も長期的な休みが必要となると言えるでしょう。バイクであれば数日で取得可能なので、それは取得したい免許によって使い分けていくことが必要です。料金は通学免許に比べて安く、20万円~25万円程度となっています。また、場合によってはかなり安くなるので、時期的な違いも知っておく必要があるでしょう。それと、期間については通学に比べて圧倒的に短いという特徴があります。

参照ホームページ:合宿免許の激安・格安プランをご紹介|合宿免許の免許の匠
合宿免許を行っている自動車教習所の情報を掲載しているサイトです。

通学する方は空いている時間に学科や実地を入れて、講習の時間を作っていきます。それに比べて合宿はすべてのカリキュラムが決められていて、それを受講する形で受けていくこととなるのです。まずはその点も把握して、どちらを使うか判断していくことが必要でしょう。

近年は合宿免許でパパッと取得してしまうという方も多くなっていて、どちらの利用者も満足度としては高い状態をキープしています。どちらを選ぶかによって異なるので、自分に合っている方を選ぶことをおすすめしたいです。そうすれば、免許取得の負担も低下させられるでしょう。まずは選んでみてください。

合宿免許と通学免許

合宿免許にしようか通学免許にしようか迷っている方も、多いのではないでしょうか。実際どちらにも良さがあるのですが、あまり免許について詳しくない方は、どちらを選んでも一緒だと思っています。もちろん合宿なのか通学なのかという違いはあれど、なかなかその事実に気付くということは少ないです。そこで、このサイトでは合宿免許と通学免許の違いについて紹介します。それぞれの特徴を紹介するので、参考にしてください。

大きく分けて合宿免許と通学免許は、料金と期間が異なります。講習内容としてはおおよそ同じなので、その点は心配しなくて良いです。注目すべきは料金と期間なので、まずはそちらの特徴について知っておくと良いでしょう。大まかに紹介すると、合宿免許は20万円~25万円前後、通学免許は30万円前後となっています。また、期間は合宿免許の方が短く、通学免許の場合は長くなることが多いです。ただ、通学の場合は自分の空いている時間に通えるという魅力があります。それぞれの方法によって、選ぶ方を選択していくことが必要となるでしょう。

ちなみに、受ける学科や実地は、どちらもだいたい一緒です。免許取得に必要な知識を学習し、ドライビングテクニックを学んでいくこととなるでしょう。それぞれ違いがある中で、共通している点もあります。その点は、事前に確認しておくことが必要となるでしょう。もちろん、どちらを選ぶかによって、得られるメリットが違ってきます。