通学免許の特徴

通学免許の特徴としては、文字通り通学して取得するというのが一般的となります。学生であれば学校の後、社会人であれば空いている日や仕事終わりに通学するということが多いです。ただ、通学の場合は時間がある時にだけ受講していく形となるので、当然ながら合宿免許に比べて期間が長くなります。もちろん、長期的な休みが取れないという方は、時間的な融通が利きやすい通学免許も選択肢としては良いです。どちらにするかは自由なので、自分のライフスタイルに合わせて選んでみると良いかもしれません。

ちなみに通学免許の場合は、期間も最低で1か月ほどかかることが多く、平均すると3か月程度で取得する方が多いです。中にはゆっくりと時間をかけて半年程度で取得するという方もいます。それぞれ通う時間を自分でコントロールできるというのは、魅力的だと言えるでしょう。ただ、合宿免許のように短期集中で取得することができないため、せっかく学科で頭に入れた知識が薄れることもあります。

テクニックも集中しておこなうものではないので、忘れてしまうこともあるでしょう。それでも通学は融通が利きやすいので、選択肢としては十分考えられます。好きな方を選んで、免許取得を目指しましょう。